活動報告

9月8日(土) 理科教室「グルーガンで3Dの世界を楽しもう♪」

今回は新テーマである【グルーガンで3Dの世界を楽しもう♪】を開催しました。

教えて下さったのは、中山先生です!

180908-094443.JPG 

お髭がダンディーな先生で、とっても優しい先生です♪


まずは、2次元と3次元の違いについて分かりやすく説明して頂いた後は、

3Dプリンターについて学びました!


そして、3Dプリンターの原理と似ているグルーガンを使って、3Dの仕組みを学びました。

(グルーガン:鉄砲型の接着剤。内蔵のヒーターで接着剤を溶かして先端から吐出させて使用)
キャプチャ.PNG

まずは、グルーガンの練習から。。。

直線や円や曲線の練習からスタート!!

最初のうちは、みんな恐る恐るでしたが、あっという間に上手になりました。
180908-101453.JPG 
↑ 一年生でもこんなに上手に描いていました!!

180908-101927.JPG

↑ こちらは、上手にお絵かきしていました(笑)可愛い♪


最初に作ったのは、メガネ O-O¬

みんな上手に作っていました♪ オリジナルのメガネに大満足な様子でした!
メガネ 男の子.png 無題.png 

次に、亀を作り♪
180908-104757.JPG

コースターを作る子や・・・
180908-112114.JPG

カブトムシを作る子・・・
180908-104405.JPG

親子教室という事で保護者の方はペン立ても作っていました♪
180908-120252.JPG
初めてとは思えないほどみなさん上手に作っていました!


これからもどんどん新しいテーマの理科教室を開催していきますので
お楽しみに~♪

次回は、10月20日(土) 金属探知機のしくみを知って、お宝をGETしよう!です。

自分で探知機を作ってお宝探しをします♪

現在、HPにて受講生を募集中です!
先着順となりますのでお早めにご応募下さいませ~。

8月25日(土) 理科教室「夏休みの工作にぴったり♪ばねばかりを作ってみよう!」

夏休みもあと残り少ないですが、宿題は終わっていますか?

本日の理科教室に来てくれた子供たちの数名は既に夏休みの宿題が

終わっているんだとか。。。 素晴らしいですね~!

そんな子供たちが今日学んだテーマは"ばねばかり"についてです。

      

今日教えて下さったのは、宇井先生です↓↓

DSCF2016.JPG 

  

まずは、ばねについての授業からスタート!

その後に、1kgの重さを体感してもらい自分で1kgの重さだと思うまで

袋に石を詰めてもらいました。

 DSCF2023.JPG 無題1.png 

      

みんな悩みながらも、自分の勘を頼りに袋に石を詰めました。

その後、ばねにおもりを付けて重さが2倍になるとばねはどうなるのか?

硬さの違う3種類のばねを使って、その違いを実験しました。

DSCF2034.JPG DSCF2039.JPGのサムネイル画像

  

ばねについて詳しく学んだ後に、自分達でMYばねばかりを作りました。
DSCF2043.JPG DSCF2045.JPGのサムネイル画像 

DSCF2048.JPGのサムネイル画像 DSCF2050.JPGのサムネイル画像


今回参加の子供達は、全員男の子だった事もあり、みんな上手に作っていました。

そして、自分の勘で詰めた石の袋の重さを量って、一番1kgに近いのは誰かを競いました。

一番近い子は980gと20gの差でした。重さの差が10%未満の子供達が数名いて、

感覚が鋭いなぁ~と驚かされました!

  

その後、1kgの重りを持ってエレベーターで引力と重力を体感しました。

DSCF2063.JPG

授業の中に色々な実験を取り入れて、子供達の関心を常に授業に向ける様に

工夫された授業内容で、子供達も「もうおしまい?」と約2時間集中していた様子でした。

本日は、たくさんの保護者様方も来られていて、子供達の授業をご見学されていました。

保護者様向けにも少し難しいお話もされて、子供達だけではなく保護者方も一緒に学ばれていました。

 

次回は、9月8日(土) グルーガンで3Dの世界を楽しもう♪です。

みなさんお楽しみに~!!!

木場潟の菖蒲園にキャンドル設置!(8/18)

8月18日(土)夜、小松市の木場潟でキャンドルナイトウオーキングが開催されました。各団体がボランティアで、木場潟の周囲約6kmに、参加者が歩きやすいようにキャンドルを設置します。

里山イベント部会のメンバーも毎年参加して、今年も南緑地そばにある菖蒲園周辺を担当し、キャンドル約600個を設置しました。(里山イベント部会15名とコマツ館5名の計20名)

①設置作業の様子     

IMG_2753 (1).jpg  IMG_2751.jpg

②準備が終って夕暮れ待ち     ③夜の様子

 木場潟①.jpg IMG_2767 (1).jpg

夏休み工作教室開催中!!

みなさん~暑いですね!

こまつの杜のコマツ館2階ではコマツのOBによる夏休み工作教室を開催中です♪

エアコンが効いていてとっても涼しいですよ!!

今日もたくさんのお客様にお越し頂いております。

   

こちらは紙漉き体験をしている様子です↓↓↓

DSCF1865.JPG DSCF1866.JPG DSCF1850.JPG  

お花や葉っぱ、キラキラの飾りや星型など好きなものをのせて

大人も子供も楽しめますよ~♪

   

こちらはガウス加速器で遊んでいる様子です↓↓↓

DSCF1861.JPG DSCF1859.JPG

この装置...何度見ても不思議なんですよね~♪

    

こちらは小さい子に大人気の紙コップおばけ↓↓↓  

DSCF1874.JPG 

ふぅ~と吹くと紙コップの中からおばけが登場!!

吸うとおばけがかくれんぼするよ♪

 

小さなお子様から大人まで楽しめる工作教室♪

次、8/11(土)が夏休み工作ラストです!

なんと、最終日には人気の新聞ドームをやります。

みなさん、是非遊びに...そして涼みに来て下さいね~(*^-^*)/

7月21日 理科教室【ピラミッドの巨石はどうやって運んだのか?】

今回のテーマは、未だ謎の多いエジプトのピラミッドの巨石の運搬方法について勉強しました。

教えて下さったのは、今西 和夫 先生です。

180721-102520.JPG
        

まずは、ピラミッドについての説明からスタート!!

ピラミッドは最初は石をテーブルのように積み上げた形をしており、その後色々な形状を経て、

現在の綺麗な三角形になった事学びました。

現在でもピラミッドの先端に白い石灰岩が残っており、当時は真っ白なピラミッドだったんでしょうか?子供達は、どんどんピラミッドの魅力に引き込まれていました。

              

ピラミッドの石は石切場より石を切り出して、運河で石を運んでピラミッドに積み上げます。

日本のお城などを作る際に運ぶ際は石に縄を掛けて船の下(水の中)で運ぶ事で浮力の分、軽くして運んでいたそうです。

実際に実演しました ↓↓↓

180721-105547.JPGのサムネイル画像

 

次に、どのようにして石を積み上げたのか?について実際に子供達に実験をしてもらいました。

まず、1つ目は石をそのまま引っ張る

2つ目は木ソリに乗せて引っ張る

3つ目は木ソリとコロを使って引っ張る

4つ目は仮説のクレードルを使って引っ張る

デジタルのはかりを使用し、班ごとに実験しました。

180721-112701.JPG  180721-110540.JPG  180721-113300.JPG

結果に子供達はびっくりしていました。

 

その後には、最近の発掘調査で分かった事などを聞き、子供達よりも?保護者の方々の方が

聞き入っていました...笑

  

最後に石釣船の実験をしました。

180721-114503.JPG

コンクリートをそのまま船に見立てた発泡スチロールに乗せてみると...

重さとバランスで船に水が入り沈んでしまいましたが、タコ糸を付けて水の中に入れてみると

船は沈まず、子供達も 「おぉー!!」と石釣船のすごさを実感していました!

昔の人々の知恵って本当にすばらしいですね。

   

次回の理科教室は、自分でばねばかりを作って、みんなで重さ当て競争をしたり、地球の引力を体感します。お楽しみに~♪

 

葉っぱの観察としおり作りを行いました

7月7日(土)、里山自然教室「げんき里山を探検し、オリジナルのしおりを作ろう!」
を開催しました。

イベント当日はあいにくの大雨で、げんき里山の探検は中止となってしまいましたが、
参加してくれた子ども達と室内でゆったりと葉っぱの観察としおり作りを楽しみました。
DSCF2897.JPG DSCF2947.JPG
教室では、チーム長の山下先生から葉のつくりやはたらきについて学び、
そのあとは各自好きな葉っぱを選んで、虫めがねと顕微鏡を使って自由に観察しました。
DSCF2934.JPG DSCF2940.JPG
DSCF2932.JPG DSCF2915.JPG
表面がつるつると滑らかな葉っぱもあれば、あさがおのようにザラザラと毛が生えている葉っぱもあり、顕微鏡を使うと細部まで見ることができるので子どもたちは興味津々にレンズをのぞきこんでいました。
中には、葉っぱをスケッチし、どんなつくりになっているのか特徴をメモしている子もいましたよ!
DSCF2944.JPG DSCF2956.JPG
DSCF2967.JPG DSCF2969.JPG

しおり作りでは、葉っぱを台紙に貼り付けて色鉛筆で自由に絵を描き、オリジナルのしおりを作成しました♪

6月27日 花壇作り

6月27日(水)、大和こども園さんと白嶺幼稚園さんの園庭で

花壇作りを行いました☆

初めに、和田先生から花苗の植え方を教えてもらい

苗をポットから外す時のアドバイス!

DSCF2696_R.JPG

手をこんな風にして、苗を持ってあげてね~と。

何気にこの手の形にするのが難しかったりしましたが^^;

みんな上手に、花壇やプランターに植えてくれました☆

DSCF2690_R.JPGDSCF2703_R.JPG
DSCF2787_R.JPGDSCF2792_R.JPG

お花を植えたら、みんなで水やり!

DSCF2745_R.JPG
ジョウロだけでなく

DSCF2797_R.JPGDSCF2802_R.JPGのサムネイル画像DSCF2805_R.JPG

みんなそれぞれのやり方で、お水と沢山の愛情を注いでくれていました☆

園庭がたくさんのお花で囲まれる日が楽しみですね!(^^)!



*おまけ*

館長の手が気持ちいい!と子供たちにモテモテでした。
DSCF2782_R.JPG

初めての教室を開催

6/23(土)、里山自然教室「こまつの杜で珍しい蝶と植物を観察しよう!」を開催しました。
テーマは、「ジャコウアゲハと幼虫の食草であるウマノスズクサ」についてです。
今回、子ども達にお話をしてくれたのは外部講師の中江実先生とOBボランティアの福井ひろみさんです。
IMG_1788.JPGのサムネイル画像 IMG_1792.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
当日は天候にも恵まれ、こまつの杜のげんき里山にある蝶の観察路へ向かう道中や観察路では優雅に飛んでいるジャコウアゲハを何匹も見ることができました。
蝶を見つける度に、「いたー!」「オスやー!」と元気な声が飛び交いました。
IMG_1807.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
幼虫やサナギの抜け殻、蝶を間近で観察することができて嬉しそうな子どもたち。
みんな目がキラキラしていました。
IMG_1802.JPG IMG_1805.JPG
観察路から戻ってきた後は、解体したウマノスズクサを観察しました。
虫めがねでの観察が面白かったのか、みんな夢中になって観察してくれています。
IMG_1810.JPG IMG_1813.JPG
最後にはプラバンでオリジナルのストラップも作成しましたよ~!

6月16日 第3期わくわくコマツ塾【開講式】

第3期わくわくコマツ塾「こどもパソコンで油圧ショベルを動かそう!」の開講式を開催しました。

塾生の子ども達は初めて顔を合わせるため、みんなドキドキしながら教室へやって来ました。

特別協力でアドバイスなどをして頂いているかほく市の株式会社PFU様からは3名の方が来て下さり、ご挨拶を賜りました。

180616-101847_R.JPG

子どもたちの緊張をほぐすため、コマツの歴史紹介の映像やスマートコンストラクションの映像を鑑賞しました。

180616-101955_R.JPG

そして子ども達にとっては最大の山場!

ひとりひとり、事前に考えてきてもらった自己紹介です。

みんなの緊張とこれからの授業に対するやる気がひしひしと伝わってくる自己紹介でした。

180616-111116.JPG

そして、OBスタッフが組んだプログラムで動く油圧ショベルの模型を紹介しました。

子ども達は、こどもパソコンIchigojamを使って、1年間プログラミングに取り組み、

授業の最後には、みんなに油圧ショベルの模型を作って、プログラムを組んで動かしてもらいます。

みんな、こんなこと出来るのかな?という顔をしていますが、私は絶対に出来るようになると思っています。

子どもの成長には驚かされるばかりで、新しい6名のメンバーとのこれからの1年がとても楽しみです。

180616-114106.JPG

最後に授業をサポートしてくれるOBも一緒に記念撮影をしました。

180616-115135.JPG

これから1年間、わくわくコマツ塾の活動をサポートしていきますので、

皆様、お楽しみに!!

6月9日 理科教室【鋳物のキーホルダーを作ろう!】

毎回人気の"こども鋳物教室"が開催されました!

今回教えて下さった先生は今西先生です。

鋳物についてもとても詳しい先生です!

180609-102827.JPG 180609-105022.JPG
  

    

まずは鋳物の勉強から始まります!!

180609-102940.JPG
   

    

勉強の後は、自分で砂を固めて型を作ります。

この作業が鋳物の形がハッキリ出るかどうか鍵を握る大事な作業です!!

キャプチャ.PNG 180609-112216.JPG

 キャ1プチャ.PNG キャプチャ1.PNG
    

   

次に型のチェックをしてもらい、OKが出た子供達は次の工程に進めます!

やり直しはこんな状態のものです↓(私もこんな状態でした)

180609-113343.JPG

     

やり直しにならないかな?と緊張ぎみの子供達!!

無11題.png 

   

型のチェックを合格した人は、次に溶かした金属を型に流し込む作業です。

こちらは危険な作業の為、OBのスタッフがしています。

180609-112412.JPG 180609-104805.JPG

    

今回使用したのは、ホワイトメタル(スズの合金)という金属です。

溶かしたホワイトメタルを型に流し込んで、しばらく待ってから水の中へ。

金属の注ぎ口(湯口)の余計な部分を切り落として(写真左)、周りの砂を落とします(写真右)

OBスタッフは手が赤くなるほど頑張っていました!

180609-112646.JPG

   

     

その後、子供達は湯口をヤスリで削る作業です!

こちらも意外と大変な作業ですが、みんな頑張って削っていました。スゴイ!!

180609-113440.JPG

   

   

これで完成です♪

どの子もみんな上手に作れました!

1題.png 無22題.png

180609-114117.JPG 180609-120523.JPG

180609-120538.JPG 180609-120604.JPG

   

今回、材料が少し余裕があることから、保護者の方にも体験して頂きました♪

お子様以上に楽しんでいるお母様もいらっしゃり、こちらも嬉しくなりました!

親子で鋳物教室というのも楽しそうですね! 

   

最後に、鎖を実際に作る工程を見てもらいました!

子供達は不思議そうに鎖を持って眺めていました!!

180609-104639.JPG 180609-121224.JPG

 

教室が始まる前に『鋳物って知っている子いる~?』という質問に対して

知っていたのは1人のお子さんだけでしたが、教室を終えた後は

迎えに来たお母さんに『鋳物って砂から作れんよ!』と、とっても詳しくなっていましたよ♪

子供達がこまつの杜教室に来て、どんどん色々な知識が身についていってくれたらと願っております。 

    

次回は、7月21日(土)のピラミッドの巨石はどうやって運んだのか?です。

その他にも、8月25日(土)ばねばかりを作ってみよう♪ や 9月8日(土)親子教室グルーガンで3Dの世界を楽しもう♪ を12日から参加者募集開始します!

皆さまからのご応募お待ちしております♪