活動報告

秋の花育活動 鉢上げ

9月に蒔いた種からスクスクと芽が出はじめ、さらに根をはり成長させるために

「鉢上げ」作業を、こばと第2こども園、白嶺幼稚園の園児と行いました。

春に行った鉢上げでは、フォークを使った作業に悪戦苦闘している様子も見られましたが

2回目ともなると園児たちの手つきは慣れたもので、あっという間に作業を終えました。

IMG_0648.JPG DSCF9776_R.JPG
   土をいれるよ              フォークでそーっと芽を持ち上げて

IMG_0669.JPG DSCF9740_R.JPG
和田先生のお話もしっかり聞くよ      最後はおまじない!


花を育てるためには、「お日様の光」と「水」と「愛情」が大切だよと、

講師を務める日本花の会の和田さんが園児たちに伝えてきましたが

「何が必要だったけ?」と尋ねると、真っ先に「愛情!」と答えてくれる子が多く

丁寧な作業からも花江の愛情が感じられました。

最後には恒例の「大きくなあれ」のおまじないと、水やりで鉢上げの活動を終えました。

かかしコンクール 受賞作品発表

10/8(日) 「わくわく秋まつり&里山フェスティバル」を開催し、イベントの一環として「かかしコンクール」を行いました。

今年は6団体が出展し、昨年1位の作品を含めた14体のかかしがげんき里山に設置されました。

その中で、受賞に輝いた作品がこちらです!

◆1位◆

小松市役所 (1)環境王国こまつ推進本部&(2)SATOYAMA協議会

タイトル:(1)パンダ(香香)シャンシャン (2)ハッピーハロウィン

IMG_1052.jpg


◆2位◆

NPO法人みどりのこまつスクスク会 里山イベント部会

タイトル:そうじじいさん

IMG_1050.jpg



◆3位◆

コマツ粟津工場 OB会

タイトル:したきりすずめ

IMG_1051.jpg


受賞おめでとうございます!

その他にもご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。


14体のかかしは、10/20(金)までげんき里山に展示されておりますのでぜひ、ご覧ください!

食育 稲刈り

智光幼稚園の年長児36名と稲刈りを行いました。

カマを使って稲を刈り取るため、始めにOBからカマの握り方や

刈り方の注意点・コツをしっかりと伝え、作業に挑みました。
IMG_0853.JPGのサムネイル画像


田んぼに入るとドキドキ緊張している様子も見られましたが

皆初めてとは思えないほどの手さばきで、田んぼ一面にあった稲は

あっという間に刈り取られました。

IMG_1465.jpg

IMG_0618.JPG


次に、稲架かけのお仕事です。

しっかり稲を乾燥させ、10月の頭に脱穀を行います。

IMG_0856.JPG

そしていよいよ12月には、お餅にしてみんなで美味しくいただく予定です!

12月が待ち遠しいですね。

秋の花育活動 種まき

秋の花育活動が、始まりました!

活動は、こばと第2こども園と白嶺幼稚園の年長児と行っています。

6月の花壇作りから、約3か月ぶりの活動となり

久しぶりに会った園児たちはさらに!お兄さんお姉さんになっていました。


4月に行った種まきもしっかり覚えていたようで、日本花の会 和田さんのお話をしっかり

聞きながら、上手に小さな種を蒔いていました。

IMG_0820.JPG

IMG_1398.jpg

種まきが終わると、愛情いっぱいのおまじないと水やりです。

IMG_0801.JPG

IMG_0835.JPG


目が出るのが、楽しみですね。

芋ほり

9月13日(水)秋晴れのこの日、テレジア幼稚園の園児と芋ほりを行いました。

OBと園児たちが向かい合うように畑に入り、「周りから優しく掘るんやぞ~」

「まだまだや!頑張れ!」と声を掛け、園児たちは声援に応えるように

小さな手を土まみれにしながら、一生懸命作業していました。

IMG_0776.JPG

IMG_1336.jpg


土の中からお芋が出てくると皆、嬉しそうに見せてくれました!

大きなものから小さなものまで様々でしたが、みんなで愛情がこもっていて

どれも立派に輝いていました!

IMG_0777.JPG


IMG_1321.jpg


最後には、園児たちからOBへ「ありがとう」の気持ちがこもった

歌をプレゼントしていただき、たくさんの元気をもらって芋ほり活動を終えました。

IMG_1357.jpg

カブトムシの館 見学ツアー

夏休みイベントとして、今年初の「カブトムシの館 見学ツアー」を開催しました。

ご案内は里山イベント部会員が務め、げんき里山の魅力や旬をご紹介・散策しながらカブトムシの館へと向かいます。

カブトムシの館では、中でカブトムシを飼育している様子を見ていただいたり、餌やり体験や、実際に触ってみたりと、カブトムシとの触れ合いを楽しんでいただきました!

IMG_0587.JPGのサムネイル画像IMG_0459.JPGのサムネイル画像

IMG_0458.JPGのサムネイル画像


5日間の開催でなんと200名以上の方が参加くださりました!

また来年、ぜひカブトムシに会いに来てください!

カブトムシの成虫観察会

7月22日土曜日にカブトムシの成虫観察会を行いました。

P7220056_R.JPG

まず初めは、カブトムシが卵から幼虫、成虫へと変わっていくカブトムシの

一生を学びました。そのあとグループごとにわかれてカブトムシの館へ。

カブトムシが入ったケースを子どもたちに手渡すとうれしそうにケースの中を

のぞき込む姿が見られました。

IMG_0192_R.JPG

カブトムシを受け取ったあとは、飼い方について学びました。

これからのカブトムシ飼育のため、親子でしっかりと学んで帰られました。

P7220083_R.JPG

食育活動 カカシ作り

7/18(火)智光幼稚園にて、カカシ作りの活動を行いました。

始めに、里山イベント部会米づくりチーム員より、カカシの役割について園児たちに説明し、制作にとりかかりました。

基礎となる木枠を十字に組み、布などを巻き付け胴体を作ります。

DSC00673_R.JPG


IMG_0911.jpg

笠をかぶせたり、顔は「へのへのもへじ」にしたりと、昔ながらにこだわったカカシが完成しました!

IMG_0930.jpg IMG_0933.jpg

カカシは、こまつの杜の田んぼに取り付けられ、これからの稲の成長を見守ります。

モノづくり体感スタジアム

7/15(土)・16(日)、日刊工業新聞社主催のモノづくり体感スタジアムが、東京都のTEPIA先端技術館で開催されました。

今年で6年連続の出展となり、今回は「油圧ショベルはバランスが命」というテーマで応募を募り、2日間で約80名の小学生が参加しました。

油圧ショベルの仕組みについて説明した後は、模型の組み立てです!

DSC00650_R.JPG

DSC00651_R.JPG

小さなネジをドライバーなどの工具を使って締め上げていくため、途中悪戦苦闘する姿も見られましたが、皆さん時間内に完成させ、組立テストである30度の坂道も見事クリア!

最後には完成した油圧ショベルの模型でパイプ運びの競争です!

P1050723.JPG

子どもたちだけでなく、OBスタッフや、周りで見学していた保護者の方たちも熱くなるほどのレースが繰り広げられ、見事1~3位に入賞した子どもたちには大きな拍手が送られました。

親子でハイタッチする姿なども見かけ、一同は多くの元気と感動をもらい、2日間の教室を終えました。

花育活動 花壇作り

6/29(木)花育活動 花壇作りを各園で行いました。

こばと第2こども園では花壇とプランターに、白嶺幼稚園ではペットボトルで作ったプランターに花苗を植えました。

IMG_0848.JPG


日本花の会の和田さんより花植えのコツを教わると、園児たちはシャベルを使って次々とマリーゴールドや、キンレンカ、サルビア、アゲラタム、ジニア、ラグラス、千日紅などの花苗を植え、花壇を彩りました。

 DSCF9341.JPG DSCF9342.JPGのサムネイル画像

最後は、水やりと恒例の「大きくなあれ」のおまじないです。

花に元気をおすそわけできるよう、大きな声でおまじないをかけました。

 DSCF9356.JPG IMG_0853.JPGのサムネイル画像  

これから暑い夏がやってきますね!

花も人間も、熱中症にならないよう水分をしっかりとって、夏を楽しみましょう!